温度調節付きのが素晴らしい!

子供も生まれたのでウォーターサーバーの設置を検討していました。沢山あるメーカーの中、どこにしたらいいのか、比較の仕方もわからないし悩んで、結局設置していませんでした。

そんな時、お掃除用品で毎月お世話になっているダスキンから、うちからもウォーターサーバーが出るので、説明だけでも聞いてもらえませんか?と言われ、説明を聞きました。ダスキンのウォーターサーバーのいいところ、他社との料金の比較など丁寧に説明してくださり、ダスキンのウォーターサーバーを設置することに決めました。

魅力的だったダスキンのウォーターサーバーのいいところは、水の温度の調節が効くところです。ウォーターサーバーと聞くと、お湯と冷水、というイメージですが、ダスキンのウォーターサーバーは、三段階の温度調節ができます。小さい子供にも適温のお水を飲ませることができるので助かっています。

それから、ミルクの調乳や離乳食作りにも助かっています。国内の天然水を使用しているので、家族全員安心して、飲むことができます。飲み終わったお水の入れ物もがさばることなく、小さくたたんで捨てることができるので、邪魔にならず本当に助かっています。

月々の電気代なども、500円くらいなので、これだけ便利に使えるなら、全く気になりません。ウォーターサーバーを一度設置するととても便利で、ウォーターサーバーのない生活はもう考えられません。

子供にも安心して飲ませられるウォーターサーバー

子供の出産を機に家庭でウォーターサーバーの利用を始めました。ウォーターサーバーのブランドの中からアルピナウォーターを選んだ理由は、親戚が利用しており美味しくリーズナブルだと聞いていたからです。

サラサラした咽喉ごしでとても飲みやすく家族で愛用しています。子育ての中で特に乳幼児期はミルク作り、離乳食作りや料理で使う水には気を使いますので、常に清潔な水と熱湯の両方が使用できるウォーターサーバーはとても重宝しました。特にミルクや白湯を程よい温度で作る作業がとても楽で助かりました。

ハンドルの部分が固いため、乳幼児のの子供には操作は出来ないので安心です。このお水を飲んで育った息子は市販の水よりも、アルピナウォーターの水が好きなため外出先にも水筒に入れて毎日飲んでいます。

また震災が起きてから水が一時的に買えなくなることや、地震に備えて水のストックが常に家に常備していることに安心感があります。飲み水、生活用水として水は早めに補充するように心がけています。平均して月に約18.9リットルのボトルを2本(約3000円)注文しています。

コスト的にも市販のお水と大差なく、買い物で重たい思いをする必要もないため主婦にとってはとてもありがたいです。今後も愛用していこうと思っています。

人気のあるウォーターサーバーとは

最近、水道水が不安ということからウォーターサーバーを設置するご家庭が増えていますが、実際にどのウォーターサーバーメーカーを選んだらよいか分からないという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回ご紹介する「アルピナウォーター」は水素水のウォーターサーバーも人気です。しかもレンタルできる水素水サーバーの中でも、アルピナウォーターは天然水を使用して水素水が飲めるのがすごい魅力です。そして、なによりも水素溶存量が3.4ppmと他の水素水ウォーターサーバーより高いのもすごいところだと思います。

美活女性の間でも話題になっている水素水ですが、自宅で簡単に飲めるのが嬉しいです。値段も他の水素水ウォーターサーバーと比較してそんなに高くなく、コストパフォーマンスが良いので気楽に利用ができそうです。

また、アルミパウチやアルミ缶で売られている水素水だとゴミが溜まって捨てに行く手間も発生してしまいますが、サーバーを設置するだけなのでずぼらな私でも続けられること間違いなしです。

さらには重たいペットボトルを運ぶ必要がないので、小さいお子さんやおじいちゃんおばあちゃんがいる家庭にも置きたい!アルピナウォーターはそんな願いを叶えてくれる最強ウォーターサーバーと言えるでしょう。

水を、考える。それは、人生を考えること。

ウォーターサーバー。この言葉を聞いて、どんなイメージを持たれますか?「水なんて、どれも一緒」「水道水でいい」「水を買うなんて、日本では非常識」そんな風に思っている方も、多いと思います。

でも、考えてみたことはありませんか?「なぜ、ウォーターサーバーという文化が存在するのか」。日本は、とても水に恵まれた国です。海に囲まれている島国であり、自然豊かな地形であり、水に事欠くことはありません。水道の蛇口をひねれば、公園でも、水を飲むことが出来ます。

こんな国は、世界中を見渡しても、稀でしょう。しかし、果たして、その水は、「美味しい」でしょうか。私達の体を「正常に保ってくれるでしょうか」。皆さんが、ご存じのとおり、私達の体の70%は、水で出来ています。それくらい、水、というものは、私達の人生には、無くてはならないものなのです。

しかし、その、水、について、しっかりと考えている人は、驚くほど少ないのが、現状です。水を変えると、料理の味も変わります。毎日、淹れるコーヒーの味も、変わります。自分の体の調子も、変わります。それだけ、大きな影響力のある、水のことを、少し、考えてはみませんか。

水を、考える。それは、人生を考えることです。自分の人生について、少しだけ、立ち止まって、考えてみてください。